遺伝子検査で何が分かるの?

生まれつきの体質や疾患の発症リスクなど様々なことが分かります

近年の研究の成果によって、生まれつきの体質や、将来かかりやすい病気、何を食べると太りやすいかといった「肥満タイプ」寿命の傾向性格的な特徴まで遺伝子が影響していることがわかってきました。
そのほかにも、お酒に弱いor強い、糖尿病や心筋梗塞などの病気にかかりやすい・かかりにくいといったことも遺伝子の影響を受けています。

また、この自分の体質や特徴を調べる事で同じ変異を持つグループを見つけ、その歴史を調べる事で祖先を知ることも出来るようになりました。

【検査でわかることの例】

疾患系→発症リスク判定
2型糖尿病 心筋梗塞 脳梗塞 群発頭痛 LDLコレステロール 不眠症 アトピー性皮膚炎 十二指腸潰瘍 ニコチン依存症など

特徴系→傾向判定
疲労 長寿・寿命 身長 髪の太さ 眼の色 アルコール代謝 情報処理速度 計算速度 記憶力など

その他→体質判定
ビタミン濃度 速筋・遅筋傾向 甘味感知度など