『肌質・肌老化』遺伝子検査 おすすめキット一覧

肌質肌の老化に関わる遺伝子を検査してくれるのが、肌質・肌老化 遺伝子検査キットです。

肌の遺伝子を知ることで、自分に合う有効なスキンケアを見つけることができ、シミやシワ、老け顔など、気になる肌トラブルの解決へと導いてくれます。

肌質・肌老化遺伝子検査キットは、こんな方におすすめです

  • 顔のシミ・シワが気になる方
  • 老け顔に悩んでいる方
  • 自分にピッタリのスキンケアを知りたい方
  • アンチエイジングに興味がある方

このページでは、当サイトおすすめの肌質・肌老化遺伝子検査キットを紹介します。

『肌質・肌老化』遺伝子検査 おすすめキット

【ファインシード】
遺伝子検査×ぴったり美容液コース

今最もおすすめの商品は、ファインシードの遺伝子検査×ぴったり美容液コースです。

遺伝子検査×ぴったり美容液コースは、遺伝子検査の結果をもとに、あなたに合った専用美容液「美肌博士」を毎月お届けするおトクな定期プランです。

まずは遺伝子検査キット(遺伝子博士エイジングケア)をお届け。自宅でできる簡単な検査で、肌老化の“根本的原因”を解明します。検査終了後、肌リスクに対応した専用の美容液が届けられます。

価格は、遺伝子検査キット1,980円美容液は初回が3,980円、2回目以降は4,980円です。

通常の検査キットの価格は7,800円(税抜)ですので1,980円は非常にお得だと言えます。

肌の遺伝子検査に興味はあるけれど、価格が高いので迷っていた方におすすめのプランです。

購入方法

「遺伝子検査×ぴったり美容液コース」への申込は公式サイトのみになります。


【価格】
遺伝子検査…1,980円(税抜)
美容液初回…3,980円(税抜)
美容液2回目以降…4,980円(税抜)

【GeneLife(ジーンライフ)】
肌老化遺伝子検査キット

【GeneLife(ジーンライフ)】肌老化遺伝子検査キットは、肌の老化に関する3つの遺伝子を調べて、肌タイプを判定してくれます。解析を受けることで、肌の老化の原因と弱点がわかり、自分にあったスキンケア方法を見つけることができます。

検査キットの特徴

肌の老化に関与する遺伝子の解析

肌の老化に関与する遺伝子を調べることによって、シワやシミのできやすさ、抗酸化力が普通か弱いかが分かります。

自分に合った食品選び

タイプ別のおすすめ食品を教えてくれます。

ネットで結果確認が可能

パソコン・スマホのブラウザで結果を確認できます。

メディアでの紹介多数

テレビ・雑誌など多数のメディアで紹介されています。

【紹介メディア】
TBS名医のthe太鼓判 2018年4月16日
テレビ東京 ミライダネ 2018年3月24日
週刊東洋経済プラス 1月13日号 2018年1月10日
NHK おはよう日本 2018年1月18日
マガジンハウス anan 2088号 2018年1月31日
日本テレビ ザ!世界仰天ニュース 2017年2月15日
朝日放送 おはよう朝日です 2017年2月15日

購入方法

【GeneLife(ジーンライフ)】肌老化遺伝子検査キットは、ジェネシスヘルスケア株式会社の公式サイトで購入することができます。

【価格】
結果をWebのみでご報告…3,980円

検査結果をWebと郵送でご報告…5,980円

【ハーセリーズ】
DNA BEAUTY(ディーエヌエー・ビューティ)

DNA BEAUTYは、肌質(オイリーやドライ)と肌老化(しみ・しわ・抗酸化)の両方が分かる、これまでにない肌質関連の遺伝子検査キットです。

検査キットの特徴

遺伝子検査の数が多い

平均的な肌質遺伝子検査キットが調べる遺伝子は3~4種類ですが、DNA BEAUTYは、15種類の遺伝子検査と多いのが特徴です。今まで見つからなかったリスクが分かったり、よりパーソナルなケア方法や栄養素が見つかる可能性があります。

肌質・肌老化を両方ともチェック可能

一般的なキットは、肌質と肌老化で分かれている場合多く、どちらも知りたい場合は2つのキットの購入が必要になります。DNA BEAUTYなら、肌質・肌老化も一度の検査でしっかりチェックできます。

購入方法

DNA BEAUTYはハーセリーズの公式サイトで購入することができます。

【GeneLife(ジーンライフ)】
SKIN Microbiome 皮膚常在菌遺伝定量検査用試料採取キット


皮膚常在菌は美肌のカギといわます。【GeneLife(ジーンライフ)】SKIN Microbiome 皮膚常在菌遺伝定量検査用試料採取キットは皮膚常在菌を検査してくれます。スキンケアの見直しをしたい方におすすめです。

検査キットの特徴

4つの皮膚常在菌を検査

検査する4つの菌は表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、アクネ菌、サーモフィルス菌です。4つの皮膚常在菌のバランスから現在の肌状態がわかります。

検査する4つの菌の特徴

表皮ブドウ球菌【美肌】
アトピー性皮膚炎の原因菌となる黄色ブドウ球菌の増殖を抑制します。 また、肌の保湿作用があります。肌に良い影響を与える働きを持っていることがわかってきたため、別名として美肌菌と呼ばれたりしています。

黄色ブドウ球菌【アトピー性皮膚炎】
アトピー性皮膚炎の起こっている肌に共通して存在する細菌です。 黄色ブドウ球菌が増えた状態では皮膚の表面を覆う角化細胞が障害を受けやすくなります。角化細胞が減少することでバリア機能が低下します。

アクネ菌【ニキビ/保湿】
アクネ菌が増えやすい肌の環境は、肌の皮脂が過剰に分泌される状態と関係していることが知られています。 一方で、有害な細菌の増殖を抑制する働きもあり私たちの肌を守る役割も担っており、皮脂膜を作り肌を弱酸性に保ち、肌の保湿を促しています。

サーモフィルス菌【乾燥の保護】
セラミドを作り出す能力を持っています。菌由来の酵素によりセラミドが補給され、肌のバリア機能が修復されたことが原因と考えられており、肌の保湿に役立つ有用な菌として注目されています。

購入方法

【GeneLife(ジーンライフ)】SKIN Microbiome 皮膚常在菌遺伝定量検査用試料採取キットは、ジェネシスヘルスケア株式会社の公式サイトで購入することができます。